2016/09/30

34 相手が変わらないのは自分のせいだと思った方がよい

 表題は、シンクロナイズド・スイミングの名コーチ井村雅代さんが、TV番組のインタビューの中で語った言葉である。
 井村さんは、1984年のロサンゼルスから2004年のアテネまでオリンピック6大会で、日本チームに4つの銀メダルと7つの銅メダルをもたらした名コーチである。アテネオリンピック後は中国ナショナルチームのコーチに就任、6~7位だったチームを北京オリンピックで銅、ロンドンで銀という一流チームに育て上げている。

 井村さんが指導をするうえで最も大事にしていることは次の3つであるという。

  悪いところをその場で指摘する
  ②改善の方法を伝える
  改善したかどうかを伝える
 
 できないことができるようになるということは、いまある行動の修正である。
 ①の、その場で指摘するということは、今ある状態の悪いところを、その行動の記憶のあるうちに「それはダメだ」と指摘するということである。

 そして、その修正の方法を伝える。その伝え方は、ただ足を上げろというのではなく、「そびえたつように足を上げろ」、そして「関節を入れて足を引っ張って」とか「膝のお皿の上にしわをつくれ」と表現する。その言葉から、選手が身体の使い方を具体的にイメージできるようにするのである。選手は、そのイメージに向かって、力を入れるところ、伸ばす方向を工夫していくのである。

 選手の修正行動を観察し、行動が改善されたら井村さんはすかさずそのことを選手に伝える。元日本代表の藤井来夏さんによれば、そうしたとき井村さんは「それっ!」と声をかけるという。「それっ!」と言ってもらえたときの身体の動きを何度も何度も練習する。成功した時の行動回路を繰り返し働かすことによって、行動の記憶が強固になっていくというわけである。
 
 スポーツにおける行動を成立させる要素は、練習だけではない。身体を使う行動は、その身体そのものが行動を成立させる要素となる。中国の選手は足が長いが、皆ほっそりとしていて、水面から高く突き上げる力を生み出す筋肉がついていなかった。中国での井村さんのシンクロの指導は、強くしなやかな筋肉を作るための食事の指導も大きな比重を占めたという。
 井村さんは、できないことをできるようにするのがコーチだという。相手が変わらない(行動を修正できないでいる)のは、自分の選手への働きかけ方がまだ十分でないからだと考えるという。指導者としての自分に対する厳しい姿勢に頭が下がる。
 

 
 
==========================
 
* 実はこの稿は、2013年8月、JADEC(能力開発工学センター)の機関紙JADECニュース90号に書いたものである。その年、井村さんは中国、イギリスとナショナルチームのコーチを歴任した後、帰国。井村コーチのもと飛躍的に成績を伸ばした中国チーム(北京:銅メダル、ロンドン:銀メダル)、イギリスチーム。一方日本は、成績が落ちる一方、ロンドンではチーム、デュエットともにメダル無しと低迷していたため、彼女の動静が注目されていた。
 6か月後の翌2014年2月、井村さんは日本のナショナルチームのコーチに復帰。
 今年8月、日本はチームで3大会ぶり、デュエットは2大会ぶりにメダル(ともに銅)を獲得した。その鬼コーチぶりが話題になったが、その筋の通った指導の仕方を、ぜひお伝えしたいと思い掲載した。